一望百景

沖縄の人はなぜ目がいいのか?その差はブルーベリーの約4倍!

あなたにはこんな目のお悩みはありませんか?

 

  • 細かい文字を読むと目が霞む
  • ものが歪んで見える
  • 目が乾く
  • 運転中に視界がぼやける
  • 老眼鏡が手放せない

 

これらは加齢や目を酷使することで起こる疲れ目やドライアイです。

 

 

輝度の高いモニターを見続けることが多い現代人は若い人でも老眼になる事も多く、ドライアイは眼病の原因となるため目の健康には良くないとされています。

 

 

アイケアサプリメントの原料として有名なのは「ブルーベリー」に含まれているアントシアニンですが、実は沖縄県は目に良いとされる成分をたくさん含んだ食材の宝庫なのです。

 

 

現に沖縄の人のメガネの着用率は全国で最も低く、平均の半分以下というデーターが報告されています。

 

 

研究を重ね、その謎に迫った結果沖縄の人の目のよさに関係しているのは

 

  • 紅いも
  • 八重山かずら
  • 琉球もずく

 

の三つの食材が特に関係していることがわかりました。

 

 

そんな沖縄の目に良い三代食材の栄養素をギュギュッと閉じ込めたのが今回紹介する「一望百景」です。

 

沖縄の大自然の恵みをギュギュッと一粒に凝縮したサプリメント

では沖縄の目に良い三大食材について紹介していきましょう。

 

 

紅芋:
沖縄を代表する食材のひとつです。見た目はまるでサツマイモですが、切って中を見ると果肉も赤い色をしています。

 

 

この赤い色素がブルーベリーにも含まれていて目に良いとされている「アントシアニン」という物質で、紅芋にはブルーベリーのおよそ4倍ものアントシアニンが含まれているのです。

 

 

八重山かずら:
沖縄の八重山地方に自生するこの植物は「ルティン」と呼ばれる成分が含まれています。

 

 

この成分は眼球の奥にある黄斑と網膜を守る作用があることが知られています。

 

 

全国的にみて一般的に流通している野菜のなかでもは最もルティンを多く含む食材がほうれん草なのですが、八重山かずらにはおよそその3倍のルティンが含まれているので、濁り知らずのぱっちり視界を得ることができます。

 

 

琉球もずく:
本州で取れるもずくの何倍もの大きさと太さがあり食べ応えもシャキシャキとしてとても美味しいのが琉球もずくです。

 

 

海藻類にはフコイダンと呼ばれる粘り気の素になる成分が含まれていますが、そのフコイダンの量が海藻類でもトップクラスなのが北海道のガゴメ昆布と沖縄の琉球もずくと言われています。

 

 

この成分は目以外にもさまざまな健康効果のある成分なので日々の健康維持にも役立つことでしょう。

 

アントシアニンの作用

眼の細胞には赤い色をしたタンパク質「ロドプシン」という物質があります。

 

 

ロドプシンが網膜の中で光を電気信号に変えて視神経へと送っているのですが、このロドプシンは光に反応して消滅してしまいます。

 

 

アントシアニンにはこのロドプシンの再合成を促す作用があるのです。

 

 

ロドプシンの働きが低下すると物が霞んで見えたり、チカチカしたり、もやがかかったようなものの見え方をします。

 

 

視力障害が起こると、人の脳は得る情報の80%を視覚に頼っていると言われているので、視神経をさらに酷使してしまい目が疲れてしまいます。

 

 

アントシアニンをとることでロドプシンの量が増えればまた視神経は回復するため眼に良いとされているのです。

 

 

この成分は摂取後4時間ほどで効果が実感出来ると言われているほど即効性に優れた成分としても知られています。

 

 

また、アントシアニンはポリフェノールの一種なので体の酸化を防ぐ成分でもあります。

 

 

したがって眼だけでなく健康生活へのサポートが期待されているのです。

 

ルティンの作用

ルティンとは食品カロテノイドと呼ばれる成分の一種です。

 

 

眼球の奥には黄斑と呼ばれる組織があり、光の情報を分析する高感度センサーのような役割を果たしているのですが、加齢やストレス、生活習慣病(特に高血圧や糖尿病)などによる巡りの悪さによって次第に不健康な状態となり、視力の低下やAMD(加齢性黄斑変性症)、白内障などのリスクになると言われています。

 

 

黄斑が衰えるとものがはっきりと見えなくなります。(特に新聞のような小さな文字の識別に影響します)

 

 

また黄斑は網膜と密接なつながりがあり、黄斑色素が網膜を守っているということが近年の研究で明らかにされています。

 

 

ルティンにはこの黄斑に作用して活性化させる働きがあり、黄斑の色素濃度を高めるということもわかっています。

 

 

これによって視力の低下を抑制することが期待されているのです。

 

 

さらにルティンにはアントシアニンと同様、体の酸化を防ぐ作用があり、有害なフリーラジカルの働きを抑制することで健康な状態を維持する作用も確認されています。

 

フコイダンの作用

 

フコイダンとは昆布などの海藻類に多く含まれる粘り成分で、新陳代謝を上げる作用があることがわかっています。

 

 

化粧品でもフコイダンは頻繁に用いられていて肌の若返りや保湿に大きな効果を発揮するとされています。

 

 

この原理を利用して眼の組織を若返らせることが期待できるのです。

 

 

また粘膜と良く似た性質を持つため粘膜保護にも有効で、ドライアイの予防にも役立つ成分だとされています。

 

 

さらにこの成分は水溶性の食物繊維なので腸の状態を改善し、善玉菌の数を増やしどっさりをもたらしてくれます。

 

 

加えて毛髪や頭皮にも有用性が確認されていて、毛母細胞を育てる成長因子のひとつとしても利用されています。

 

 

いかがでしょうか?こうしてみるとどうして沖縄の人は眼がいいのかがわかりますね。

 

 

毎日の食生活でこうした眼に良いとされている成分を自然と摂取しているからなのです。

 

 

しかし、沖縄以外の人はどうすればいいのか?と言われたら、そんな時にこそ「一望百景」を利用していただきたいと思っています。

 

  • 紅芋でかすみ知らず
  • 八重山かずらでにごり知らず
  • 琉球もずくでかわき知らず

 

がこの一粒に込められているのです。

 

 

もちろん沖縄の豊かな自然が育てた天然素材からできているので毎日摂取しても安心です。

 

 

どれも健康食品として役にたつものですから毎日摂取することで目のこと以外にも健康な毎日をサポートしてくれることでしょう。

 

 

特に「紅芋」と「八重山かずら」は植物防疫法という法律によって生のままの状態で県外に持ち出すことができないとても希少な原料です。

 

 

ですからこの機会を逃さずにゲットしてください。

 

一望百景 口コミ・評判

 

・MIさん54歳女性:40歳を過ぎた頃から目がかすみ始め、夜はすっかり視力が落ちてしまったような状態でした。

 

ブルーベリーが目に良いと聞いて試してみたのですが効果のほどは今ひとつ。仕事が工場の品質管理なので目を酷使するため、かすみ目には苦しめられていました。

 

そこでこのサプリメントをためしたところ。1週間ほどで目がすっきりして夕方でもくっきり見えるんです。ブルーベリーよりも断然こちらですね。

 

 

・SIさん40歳男性:ここ2〜3年で自動車の運転中に視界がぼやけてきて怖くなっていました。特に怖いのが会社からの帰宅中の夜の運転です。

 

歩行者の確認がしづらくなってしまっていて・・・。そこでこのサプリメントを試してみたところ1週間ぐらいでなんだかすっきりと見えるような気がしてきました。

 

実際に夜の運転中でも遠くの歩行者が識別できたときには「あ、やっぱりこれのおかげか」と思いました。今では手放せません。

 

 

・KNさん62歳女性:手芸が好きなのですが手元を見る目がしょぼしょぼして老眼鏡が手放せませんでした。

 

でも、孫と一緒に手芸をする時なんだか急に自分が老け込んでしまったような気がして、なんとかならないものかと悩んでいたのですが、このサプリメントと出会って10日ほどで手元の細かい作業をする時も老眼鏡をかけなくても良くなりました。

 

なんだか若返ったような気分で今ではおしゃれも楽しんでいます。

 

 


inserted by FC2 system